2016年4月18日月曜日

KORGのMIKU STOMP

画期的なペダル

 KorgのMIKU STOMPというペダルを持っている。ギターを弾くと、弾いた音程を初音ミクが歌ってくれるという、画期的で素晴らしく面白いペダル。

Korg MIKU STOMP
http://www.korg.com/jp/products/effects/mikustomp/

 耳マンで紹介させてもらったりもしました。

宮城マリオ『エアギタリストが弾きたいリアルギター』第4回
【初音ミクにカッコいいって言ってもらえるエフェクター】
https://33man.jp/article/column4/000885.html

このペダル、ギターを弾くと初音ミクが歌うという、かなりとても面白い物なのですが、ギターを弾いて初音ミクの声がするまでに、若干の遅れが出ます。まあまあ気になるくらいの遅延が起きます。
 遅延はとても面白い効果なのですが、それが短いととても気持ちが良いこともあるので、出来る限り短くしてみようと思いました。

 取扱説明書には「ピッチを検出させるためのポイント!」が紹介されていて、

 ギターのボリューム調節は、通常リード・パートを弾く強さで6弦を弾き、Peak LEDが点灯する直前のレベル(過入力とならない最大レベル)にする!
 本機へのギターの入力音が大きすぎても小さすぎても、ピッチを正確に検出できません。
 演奏時に、弾かない弦はミュートする!
 演奏時に弾かない弦をきちんとミュートすることで、より早く正確にピッチを検出できるようになります。複数の弦の音が混ざっていると、正確なピッチが検出できなかったり、ピッチを検出するのに時間がかかったりします。
 ギターのピックアップやトーンを調節する!
 ピックアップの選択やトーン・コントロールを調節し、ご使用のギターにあった最適なセッティングを見つけてください。

この3点を実行することで、遅延はまあまあ短くなります。
 で、さらにもっと短くできるのではないか、と、あれこれ試行錯誤をしています。

 このペダルの仕組みは、ザックリだけど、音程を検出→音源(初音ミクの声)を鳴らす、ということのはず。多分。音程を検出するのに時間がかかり、遅延が長くなってるはず。多分。
 ローランドのギターシンセサイザーのコントローラーである、GS-500の大きな磁石、G-707のスタビライザーは、弦の振動をシンプルにして音程の検出を速くするために搭載されてたはずだった気が。
 なので、MIKU STOMPに入力される音声信号は、倍音の少ないシンプルな方が良いはず。ペケペケな薄っぺらい音が良いはず。多分。
 いろいろな説明をどっさり省いたけど、この方向で間違っていないはず。

参考サイト
GRからGKへ
特集:ギターシンセサイザーの進化と歴史をたどる。
http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/grandy_GR-GK/

 以上のことから、先ずは、倍音の少ない音色でギターを鳴らせれば遅延は短くなるはず。
 お手軽に出来る工夫として、

・新しい弦で鳴らす
・ピックアップはリアを選択
・硬いピックで平行アングルでブリッジに近いところをピッキング

の3点をしてみたところ、遅延はだいぶ短くなった気がしました。
 次に、イコライザーを使って、より倍音の少ない薄っぺらい音にしてみるつもりでいます。グライコを手に入れないと。

2016年1月6日水曜日

今年の予定

 いま使っているギターはVOXのSDC-22というモデル。「SDC」は、たぶん「Solid Double Cutaway」の略。

VOX SDC-22
http://www.voxamps.jp/products/Guitars/22/

 ブリッジとペグが上位機種と同じで使い勝手が良くて、ミニスイッチで切り替えられるクリーン/リードどちらの音色も使い勝手が良くて良くて、大のお気に入り。
 弾きやすいし、大きめのヘッドがかっこいいし、「VOX」のロゴがかっこいいし。いままで何本かのギターをとっかえひっかえ使ってきましたが、最も相性の良いものに当たったと思っている。べた惚れ。大好き。

大好きなので2本持ってる

 このSDC-22に出会ったことで、ほかのギターに対する興味がだいぶ薄くなり、ぼくはいままで、自分に合うギターを探し続けていたのだということに気がついた気がしないでもないのですが、いやいやそれは気のせいですよ、勘違いですよ、という可能性も残しておきたいと思っている。
 その証拠に、SSC-33という兄弟モデルも持っている。「SSC」は「Solid Single Cutaway」の略じゃないかな。SDC-22ほど気に入りませんでしたが、これも弾きやすくて良いギター。

VOX SSC-33
http://www.voxamps.jp/products/Guitars/33/

ゴールドトップでかっこいい

 使うギターはこのSDC-22に落ち着いたので、次は足下のペダルを落ち着かせたい。
 ペダルについては、常に自分の中での流行り廃りが繰り返されている。数年前は大きいサイズのペダルばかりを並べるブームがあり、少し前までは超小型サイズのペダルを気に入って使っていたけど、いまは、BOSSやMXRくらいの普通サイズのペダルが好き。
 自宅では、minimichineのバッファから並べてローランドの古いボリュームペダルを最後にして、あれやこれやと繋ぎ変えて試行錯誤している。
 バッファは必須、歪みはオーバードライブとブースター、空間系はディレイとリバーブ、というところで落ち着いてきたので、あとはそれぞれの機種を絞って行きたい。

2016年1月5日の試行錯誤

 自宅で鳴らすアンプは、フェンダージャパンのベースマンBM-20CE。練習用サイズのベースアンプをギターで鳴らすと楽しいの。数ヶ月前に入手したVOXのベースアンプT-25が1週間ほどで壊れたので、そのかわりとして来ました。

ボリュームは2〜3

 今後は、ペダルをつなぐパッチケーブルの新しいのをまとめ買いする予定。ベルデンの8412。

2015年4月19日日曜日

宮城マリオのサウンドクラウド

 宮城マリオは月に1度、デイリーポータルZというサイトのプープーテレビという動画コーナーに、動画を作って発表してます。

デイリーポータルZ
プープーテレビ

 ここ1年くらい、「日常ミュージカル」という歌い踊る動画を作っていて、その曲を作るのがなによりも楽しいのですが、ぼく、音楽家なので音楽家ぶりたくて、それらの曲をサウンドクラウドにアップしました。

宮城マリオのサウンドクラウド


 だいたいこんな感じの内容の無い歌です。



 デモテープレベルの音源で、どの曲も1分前後と短いので、気を紛らわしたいときに聴いてもらえたら嬉しいです。
 音楽家っぽいぞー!おー!


2015年3月23日月曜日

ギターの変則チューニング

 最近バンドでギターを弾いていて、変則チューニングを使いたくなったことが何回かあり、実際、何回か使ってみた。

 変則チューニングとは、レギュラー・チューニング(EADGBE)ではないチューニングのこと。DADGBE(ドロップD)DADGAD(ジミー・ペイジとか)オープンG(キース・リチャーズとか)オープンE(デレク・トラックス)あたりは、よく聞く変則チューニング。

DADGADチューニングでギターを弾くジミー・ペイジ

オープンGでギターを弾くキース・リチャーズ

オープンEでギターを弾くデレク・トラックス

 ギターという楽器は簡単にチューニングを変えられる構造のため、変則チューニングは無限に存在し、特にルールもありません。チューニングを狂わせるためにギターをぶん投げ、その狂ったチューニングのままプレイしたデヴィン・タウンゼントという人もいます。

 その変則チューニングを、最近使い始めました。CCCGCCという間違い探し感あるチューニングと、DADADDというダダッド感あるチューニング。
 普段はレギュラー・チューニングで弾いていて、特定の曲で変則チューニングを使うため、練習の時は時間をもらってチューニングを変えて対応するのですが、ライブの場合はチューニング時間短縮のために、ギターを交換したり、ダブルネック・ギターで対応するのがよくあるやり方。が、ギターを複数本用意したり、重たく嵩張るダブルネック・ギターを使うのはとても面倒臭い。
 で、近年、ギターの自動チューニング・システムというのが発達してきまして、そのシステムを搭載したギターがあれば問題が解決する、と考えたのです。

 自動チューニング・システムが搭載されたギターが欲しい。

 欲しい物も決まってまして、最近のギブソンのギターには、その自動チューニング・システムが搭載されていまして、そのSGかレスポール・デラックスが欲しい。SGはピックアップがP-90のがいい。最近、P-90やミニハムバッカーのギターが好きなんです。現在メインで弾いているVOXのSDC-22もミニハムバッカーです。


P-90のSGかっこいい

ペルハムブルーのレスポールかっこいい

 まあでも、ここ数ヶ月は諸々の出費が決まってるので買えないのです。
 以上、物欲紛らわすためのエントリーでした。

2014年10月13日月曜日

駄目ギター 番外「駄目じゃないギター」

 ぼくが「このギター、駄目だ。かっこいい。」と思ったギターを「駄目ギター」と呼んで好き勝手に紹介しています。ごめんなさい。
 「駄目ギター」という呼び方をされたギターからは「駄目とはなんて言い草だ」と怒られても仕方がないと思っています。ごめんなさい。
 もっと良い呼び方が思いついたら変更します。それまでは「駄目ギター」と呼びます。ごめんなさい。

 今回は、ぼくの中で「駄目ギター」に入りそうで入らないギターを紹介します。

ギブソン・モダーン


 フライングV、エクスプローラーと同時に開発されるも製品化されず、そのオリジナル・モデルが存在するのかしないのか、存在したら尋常じゃない価格がつくであろう伝説中の伝説、レジェンダリー・エレクトリック・ギター。
 伝説は1982年に初めて製品化されて発売するも、人気が出ず。
 近年、ヘッドのデザインを変更して再発されるも、人気が出ず。
 大丈夫だよー!
 まだ運命的な出会いがないだけだってー!
 みんなお前のこと大好きなんだから!
 ザック・ワイルドやビリー・ギボンズやジャームス・ヘッドフィールドだって(たまに)使ってるじゃん!
 お前は駄目じゃないよー!
という感じです。
 1982年製のストリングガイドが付いた扇形のヘッドのタイプが好きです。

ギブソン・モダーン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%96%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%B3

ギブソン・ザ系
 1970年代後半から80年代にかけて、頭に「The」が付くシリーズがありました。
 ぼくが知ってるだけで

・The Paul

・The Paul II

・The Paul Deluxe

・The SG

・The V

があります。
 これらのザ系、なんとなく駄目じゃない感じがして駄目ギターとは思っていない。ザVは普通にかっこいい。普通。

フェンダー・マローダー
 1965年にフェンダー社がCBS社の傘下となり、いままでとはちがう新しいフェンダーを作ったるぜー、とがんばってできた子。
 しかし、結局発売されず。
 ギブソンにもマローダーというモデルがあり、そっちはきちんと発売されてるので駄目さが際立ち、比べてしまうと駄目だと言い切れない。
 2000年くらいにカスタムショップから発売されたのや、2011年に新機種として発売されたのもある。それらは全然駄目じゃない。

フェンダー・マローダー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC

カスタムショップから出たマローダー

2011年に発売されたマローダー

2014年9月25日木曜日

駄目ギター その4「ギブソン・335-S」

 ぼくが「このギター、駄目だ。かっこいい。」と思ったものを「駄目ギター」と呼んで好き勝手に紹介しています。
 駄目なところがかっこいいんです。
 駄目なところが好きなんです。
 駄目じゃないと駄目なんです。

 今回紹介する駄目ギターはギブソンの335-S。
 ソリッドボディのES-335。

ソリッドボディのES-335

 ギブソンのエレキギターの型番に「ES」というのがあります。
 これは「Electric Spanish」の略で、つまり、「電気式スパニッシュギター」という意味。スパニッシュギターというのは、アコースティックギターのこと。空洞ボディであるアコースティックギターにマイクを付けて大きな音を出せるようにしました、という意味の型番。
 ギブソン初のエレクトリックギター、ES-150から連なる由緒ある型番。

 ES-335とは、1958年に発売された「セミ・アコースティック」と呼ばれる種類のギター。アコースティックとソリッドの中間、良いとこ取りした名器。

ES-335
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%96%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BBES-335

 で、335-S。ES-335のソリッド版。1980年発売。ソリッドボディなので、ESの型番は付かない。デラックス、カスタム、スタンダードの3機種あり、それぞれボディとネックの材が違い、わかりやすい見た目の違いとして、デラックスとカスタムにはコイルタップスイッチとファインチューナー付きテイルピース付き。3年くらいしか作られず。その後もプレミア価格が付くこと無く、現在でもオリジナルモデルは10万円台で買えます。
 数年前に再生産されて、その意味がわからなくて狂喜乱舞したのは良い思い出。

詳しくはこちらのサイトを(英語)
http://www.vintageguitarandbass.com/gibson/335S.php

 スペックを見ると、クロスオーバー/フュージョン系ギタリストの需要を狙ってたのかなー。当時のクロスオーバー/フュージョン系ギタリストでギブソン使ってた人って、レスポールかES-335のイメージ。アレンビックあたりを意識してたのかな。ヤマハのSGとか。実際どうなのかはわからないけど。


アレンビックを使う渡辺香津美さん

ヤマハのSGを使うカルロス・サンタナさん

 なんてこと考えてたら当時のカタログ画像を発見。


向かって左から、カスタム、デラックス、スタンダード
「Now it's on a solid body that rocks.」
「With the hard edged sound and high energy response that have made Gibson solid bodies the choice of so many rock headliners.」
って書いてある。
 つまり、ロック・ギタリスト向けに作ったぜ、ってことみたい。まあ、クロスオーバー/フュージョン系ギタリスト向けにしては装飾が地味だと思ってたけど、そうか、ロックギタリスト向けだったのか。

 1980年頃のロックギタリストの使用ギターといえば

イケイケドンドンだったエドワード・ヴァン・ヘイレンさんは自作ギター

ザ・クラッシュのミック・ジョーンズさんはレスポール

シンリジィを再度辞めたくらいのゲイリー・ムーアさんはレスポール


オジーオズボーンに入ったくらいのランディ・ローズさんはレスポール

エリック・クラプトンさんはフェンダー・ストラトキャスター

クイーンのブライアン・メイさんは自作ギター

 なるほど。

 で、この335-Sのどこが好きかといえば、1980年代が始まり、パンク、レゲエ、クロスオーバー/フュージョン、HR/HMなど様々な音楽ジャンルが広く知られるようになり、楽器メーカーはその時代に合わせた新しい機種を発表して行く中で、ギブソンの「セミアコの名器をソリッドにしたよー」という無邪気な感じ。そして、それが市場に受け入れられずに消えて行った寂しい感じ。これぞ駄目ギター。

2014年5月7日水曜日

自作エフェクター 1 下準備

 数年前から、自作エフェクターを作ろうか、作るまいか、ずっと悩んでいました。

 なぜ悩んでいたかというと、面倒臭いから。やり始めたらいいけど、やり始めるまでが面倒臭そうだったから。面倒臭いのってみんな嫌いだと思うのですが、ぼくも嫌いです。
 工具揃えたり、用語覚えたり、っていうのが、若干面倒臭そうだったので、面倒臭いの嫌なので、悩んでました。楽しそうなんだけどなー、でもちょっと面倒臭いよなー、と。

 そんな感じで数年過ごしてたら、徐々に、少しずつ、自作エフェクターに関する知識が貯まってきまして、面倒臭そうな雰囲気を好奇心が打ち消すくらいの感じになりまして、さらにこのGW、なんの予定も無いことがわかりまして。GWって仕事無いですよね。
 だから、この機会に、この暇を紛らわすために、エフェクターを作ることにしました。

 まず最初にしたのは、参考書の入手。

『ROLLYと作るギターエフェクター』
誠文堂新光社・刊
※誤記があるので注意
http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4142

 他にも何冊かあったのですが、ROLLYさんだったら間違いないだろうと思い、これにしました。この本を熟読し、必要な工具や材料を頭に叩き込み、徹底的に叩き込んでから、工具と材料を買いに行きました。
 もしかしたら1日で終わる買い物だったのかもしれませんが、細かい部品が多い材料に買い忘れがあったり、必要な工具を買い足したりなどして、全部が揃うのに5日かかりました。

 お金は想定していた2.5倍かかりました。想定が1万円だったとしたら2万5千円、2万円だったら5万円ということ。あとは察して。工具をガッツリ揃えたからなー。